漢方 胃腸薬 飲み過ぎ

飲み過ぎに効果がありそうな漢方の胃腸薬を集めました。
漢方は、体質改善がメインですが、飲み過ぎの場合は、即効性を求めてしまいますよね。
症状を緩和する漢方が多いですね。

【第2類医薬品】急性の熱症状に。飲み過ぎの胃炎、二日酔い
黄連解毒湯,おうれんげどくとう,オウゲEP錠 90錠
【効能・効果】 体力中程度以上で、のぼせ気味で顔色赤く、いらいらいして落ち着かない傾向のあるものの次の諸症: 鼻出血、不眠症、神経症、胃炎、二日酔い、血の道症(注)、めまい、動悸、更年期障害、湿疹・皮膚炎、皮膚のかゆみ、口内炎(注)血の道症とは、月経、妊娠、出産、産後、更年期など女性のホルモンの変動に伴って現れる精神不安やいらだちなどの精神神経症状および身体症状のことである。
【第3類医薬品】飲みすぎ食べ過ぎ、便秘に漢方の力を!
熊膽圓 2包 ゆうたんえん くまのい
飲みすぎ食べ過ぎ、便秘に漢方の力を!「とやまの薬」の代表格。歴史あるパッケージデザインで! 創業65年。胃腸の不調には日参の熊膽圓を!!和漢生薬エキス配合。 日参の熊膽圓は健胃並びに消化の両作用をもつ動物膽や古くから健胃薬としてよく知られているオウレンエキス、ゲンチアナエキス及び整腸作用の顕著なアカメガシワエキス、オウバクエキス、アロエ等を総合的に配合した胃腸薬です。
【第3類医薬品】食べ過ぎ、飲み過ぎなどに
SENBURI センブリ(せんぶり茶) 袋10g
胃弱、食欲不振、胃部膨張満感、消化不良、食べ過ぎ、飲み過ぎ、胃のむかつき。


漢方薬 頻尿

頻尿でお困りですか?
漢方薬は、体質改善して症状を緩和させるのが得意ですから、頻尿対策に漢方は良いと思います。

【第2類医薬品】
ビタトレール 八味地黄丸料 エキス錠 270錠(30日分)
ビタトレール漢方薬シリーズの八味地黄丸はスゴイ! 生薬と漢方薬の分野の有名メーカーである、あの本草製薬に製造を委託した漢方製剤。それが「本草八味地黄丸料エキス錠-H」。 漢方処方「八味地黄丸(はちみじおうがん)」を煎じて服用する不便をなくし、簡便に服用できるエキス錠(錠剤タイプ)にしました。 年齢と共に、おトイレが近くなってお悩みの方に。頻尿、夜間頻尿(夜間尿)、排尿困難・尿漏れ、残尿感の方に。
【第2類医薬品】
【猪苓湯,ちょれいとう】錠剤 36錠
体力に関わらず使用でき、排尿異常があり、ときに口が渇くものの次の諸症:排尿困難、排尿痛、残尿感、頻尿、むくみ
【第2類医薬品】
クラシエ八味地黄丸A 360錠(30日分)
「八味地黄丸」は、漢方の古典といわれる中国の医書『金匱要略[キンキヨウリャク]』に収載された薬方です。 クラシエ八味地黄丸Aは、疲れ、かすみ目、下肢痛、頻尿、排尿困難などの症状に効果があります。

漢方薬 自律神経

ストレスや更年期などが原因で自律神経が乱れた時に緩和してくれる漢方薬を集めました。

【第2類医薬品】更年期、イライラ、自律神経失調症
はくすい 加味逍遥散料[ かみしょうようさんりょう/カミショウヨウサン ] 煎じ薬せんじ漢方薬 7日分
【効能・効果】 体質虚弱な婦人で、肩がこり、疲れやすく精神不安などの精神神経症状、ときに便秘の傾向のある次の諸症: 冷え症、虚弱体質、月経不順、月経困難、更年期障害、血の道症
神経性胃炎や慢性胃炎を改善する胃腸薬
【第2類医薬品】 太田漢方胃腸薬[2] <錠剤> 【54錠】
ストレスなどの原因により自律神経が乱れることによって起こる、神経性胃炎や慢性胃炎を改善する胃腸薬で、ストレスの多い現代社会に適しております。漢方処方の安中散にブクリョウ(茯苓)※を加えることによって、効きめを強化しました。また、胃腸虚弱にもすぐれた効果をあらわします。小粒でのみやすい錠剤です。
ホルモンバランス・自律神経の不調による諸症状に
【第2類医薬品】命の母A 840錠[婦人薬 漢方薬]
●女性の身体の仕組みを考え、13種の生薬とビタミン類、カルシウム、タウリン、レシチンなどを配合した複合薬(女性保健薬)です。 ●血行を促進し体を温めることで、女性のホルモンと自立神経のアンバランスから起こる身体の不調を改善します。 ●小さくて飲みやすい糖衣錠です。